台所つまりの対処方法を紹介しています。

このサイトでは、自宅の台所でつまりが発生して困った経験を持つ方に向けて、知っておくとトラブル解消に対処しやすくなる情報をわかりやすく紹介しています。
他にも詰まりが起こる原因を明確にすることが不可欠という内容から、詰まりは日頃の清掃で予防することができたり、万が一発生してしまっても修理を行うことで改善させることが出来るといった内容も詳しく紹介されているので、初心者でも安心してチェックしていきましょう。

台所のつまりで困った人は必見!知っていると対処しやすくなる情報を紹介

台所のつまりで困った人は必見!知っていると対処しやすくなる情報を紹介 日常的に使用している台所ですが、こまめに掃除をしているつもりでも排水管の掃除まで徹底している方は少ないといされます。
実際に使い続けることで多くのご家庭で詰まりを経験されることが多く、適切な対処を行うことで修理業者を呼ぶ前に改善させることも可能です。
まず台所のつまりの原因として挙げられる情報が、フライパンや皿に付着していた油汚れで、油脂のついた油や食器を洗うと排水管内に油が付着して冷えて固まります。
さらに洗剤カスや食材カスが付着すると固まりとなり、内部を塞いでしまう結果となります。
そこで排水の流れが悪いと感じた時点で、市販のパイプクリーナーを使用することで詰まりを解消する方法がおすすめです。
しかし完全に詰まってしまっている状態なら、ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使用して圧力で詰まりを抜くという方法があります。

台所のつまりを解消するためにできることをしよう

台所のつまりを解消するためにできることをしよう 台所の排水溝がつまってしまったら、調理もできなくなりかなり不便になることでしょう。
万が一排水溝がつまってしまった場合には、自分でもできる解消法を試してみることも一つの手段と言えます。
その一つに挙げられることとして、タオルを詰めて抜く方法が挙げられます。
これは軽い油汚れのつまりであれば解消が期待できる簡単な方法です。
タオルを詰めて排水溝に栓をした上で、一気にお湯を流した水圧で原因を流しさる方法です。
つまり簡易的な高圧洗浄機だと考えると分かりやすいでしょう。
排水溝にタオルの片側を詰めて栓をしたら、シンクに40から50程度のお湯をためましょう。
一気にタオルを引き抜きます。
そして二つ目は重曹とお酢を使う方法です。
どちらも家にある可能性が高く、簡単に入手できるものです。
重曹100グラムと50ミリリットル、40から50°程度のお湯を用意したら作業を始めます。
排水溝に重曹をかけて上からお酢をかけていきます。
30分から1時間ほど放置し、最後でお湯で流しましょう。
作業の間は炭酸ガスが発生するので、しっかりと関係を行うことが重要です。
専門的な知識がなくてもできるので、是非とも試してみましょう。
それでも台所のつまりが直らないようであれば、専門業者に依頼することが求められます。

台所のつまりの原因は?台所のつまりの解消法も合わせて紹介!

料理をし終わった後に食器を洗っていると、台所の排水口からすごく嫌なニオイが出てきた経験はないでしょうか。いつもはあまり気にならなかったにも関わらず、近くに立ち寄った瞬間に不快で嫌なニオイを感じてしまうのであれば、まずは排水口が何かしらが原因でつまっていることを疑ってみましょう。 台所のつまりの原因とされている主な理由については、一般的には残飯や残りカスなどがうまく流れずに溜まってしまっている状態であることが推測されます。また、油などを直接流し捨てている場合には、ドロドロとした液体がつまりの原因を引き越している可能性があるので注意が必要です。 台所は常に清潔な状態に保っておきたいところですが、どうしてもこまめに掃除ができないと悩んでいるのであれば、食器を洗い終わった後に熱湯を排水口の中にゆっくりと流し込んでみることをおすすめします。そうすることで汚れの付着をある程度は抑えることができるので、後はしっかりと洗うようにすればつまりは解消されるでしょう。

台所のつまりを起こさないようにする便利なアイテムがあります

台所は食材の破片や食べ残しを排水口へと流してしまうことが多く、食器洗いをしているだけでも固形物が流れることは避けることは難しい範囲になります。通常では元々の台所の排水口にはフィルターが取り付けられているので、異物はフィルターでキャッチすることができるものの、フィルターの目が粗い場合は排水管に異物が流れることが多く、その後はつまりの問題が起きてしまいます。この対策法で使える便利なアイテムはあり、既存のフィルターに対して目の細かいフィルターを取り付ける方法があり、このタイプの商品は安く購入できるので負担を感じずに解消できます。次につまりを起こしてしまう前に定期的にやっておくと便利なアイテムもあり、ワイヤーブラシをあげることができます。この商品はホームセンターで取り扱いがあり、排水口から挿入をして排水管の内部まで届かせて内部を洗浄することを可能にします。パイプクリーナーを定期的に使うことは大前提ですが、半年に1度程度の間隔でワイヤーブラシを使えば台所は常に快適な状態で使えるようになります。

台所の排水溝のつまりは防止することができます

台所の排水溝は日々使うもので、どうしても汚れが溜まり易くなります。それを防止するためには、日々のメンテナンスが必要です。台所のつまりの原因は、油によるものがほとんどです。これは食器等についた油と水が混じって、冷えることで起こります。台所のつまりを防止するのに良い方法は当たり前ですが、日々の掃除を怠らないことです。 掃除をするときは、メラミンスポンジやブラシを使うと簡単にきれいになります。三角コーナー等を掃除するときは、食べ物のくずが排水溝に落ちていかないように、細心の注意をする必要があります。スプーンや箸等が落ちることがないよう、シンクの周りにはなるべく物を置かないようにしましょう。ここで一手間、掃除が終わったら少し熱めのお湯を流します。これをやることで排水管に付いた油を、溶かすことが出来ます。この時あまり熱いお湯で行うと、排水管を傷つけてしまうので50度くらいの温度で行うようにしてください。定期的にパイプクリーナーで洗浄するようにすると、もっと良いです。

台所のつまりを業者に依頼するときのポイント

台所の排水口が詰まると食器が洗えなくなったり、水漏れが起こったりすることがあります。そのため、すぐにでも問題を解消することが大切です。小さなつまりであれば個人でも解決することが出来ますが、内部に問題が発生しているときなどでは業者に依頼することが重要となります。台所のつまりを業者に依頼するときにはまず実績を確認しましょう。ホームページ上では実績が掲載されていることが多いです。実績が全く掲載されていない場合には、実績がほとんどない可能性もあります。料金を確認しておくことも大切です。どんなに素晴らしい技術があったとしても、料金が高額であれば依頼することは難しくなります。後から料金が高いからキャンセルしたいと言っても、手遅れになることもあります。そこで事前にどれくらいの費用がかかるかを確認しておくことが欠かせません。見積もりを無料で行っている会社も多いので、そういった会社であれば安心して依頼できます。

台所の匂いはカビや排水管のつまりか管の隙間が主な原因

台所のシンクから嫌な匂いがしてきたら、それはつまりが原因かもしれません。カビ臭がするなら、シンクの下にカビが生えている可能性があります。通気性が悪く湿気が多いので、特に調理器具を濡れたまま片付けるとカビが生えやすくなります。そんな時はアルコール除菌スプレーを吹きかけた後、水拭きしてからカラぶきをすると良いでしょう。 また、排水管の中に問題があることがあります。排水管の中に食べ物のカスや油などが詰まると、そこに雑菌が増殖してぬめりとなって台所で嫌な匂いがすることがあります。そのつまりを放置すると次は排水がうまくできず流れが悪くなり、あふれ出てくることもあるのです。そうなると修理のための業者を呼ばなくてはいけなくなります。日頃から詰まる原因となるものを流さないようにしたり、専用の洗剤でぬめりを防ぐようにすることが大切です。 さらに、排水管の経年劣化がトラブルの原因のこともあります。排水ホースと床下の塩ビ管の間に隙間ができると、下からどぶの様な悪臭がするので、その時はパテなどを使って埋めるか業者に連絡をするようにします。

キッチン水漏れについて詳しいHPはこちら!

キッチン 水漏れ 熊本市